助成金制度

ろうきんの基本理念と一致できる活動を行っているNPO法人・社会福祉法人・その他住民の福祉の増進を図ることを目的とする法人および団体の活動に対し助成を行います。

概要

1. 助成金額

各年度の助成金総額は400万円以内です。
1団体に対する助成金は20万円以内とし、過去に助成実績のある団体は10万円以内とします。

2. 助成金の募集期間と活動対象期間

募集期間:毎年6月1日~7月31日(当年10月~翌年9月末までに実施する活動が対象)

3. 助成団体の選考方法

「資金助成選考委員会」にて選考します。なお、選考結果は9月初旬に通知します。

4. 助成金の交付

助成が決定後、目録贈呈式で手続きについて説明し、手続後当金庫の指定口座に振込みます。

5.「活動実績報告書」の提出

助成対象活動が終了(実施)した後、「活動実績報告書」を提出してください。

6. 応募方法

募集要項をご参照の上、必要書類を添えて当金庫営業店に提出してください。
※郵送・FAXでの受付はできません。

7. 応募の制限

1団体につき1事業に限らせていただきます。
なお、2期連続の助成は行いません。また、2回以上の助成実績のある団体は、直近の2年間はご応募いただけません。

募集要項

助成対象団体

四国内に所在するNPO法人・社会福祉法人・その他住民の福祉の増進を図ることを目的とする法人ならびに任意団体、及び各種福祉関連施設等の増進を図ることを目的とし、以下の条件を満たす団体とします。

  1. 四国内に主たる事務所を有していること。
  2. 定款または会則・規約があり、決算報告書または収支決算書の作成がされていること。(前年度の決算書類が必要です。)
  3. 非営利活動を行う団体で、1年以上の活動実績を有し、且つ、引き続き活動が継続できる見込みのある団体。
  4. 10人以上の会員を有する団体。
  5. 当金庫に助成金受取口座を開設できること。
  • 労働組合や労働団体、自治会・町内会(コミュニティー)、PTA、校区の子供会、婦人会・老人会等については、助成対象外といたします。

助成の対象活動

収益を目的とした活動を除く次の活動で、かつ、四国4県内での活動を助成対象とします。

  1. 福祉活動であること。(特定非営利活動促進法第二条の別表に掲げる活動を含めます。)
  2. 自発的、非営利活動で、公共性のある活動であること。
  3. 当金庫と共通の目的意識を有し、相互に協力、協調する活動であること。

助成対象費用

助成金の対象費用については、収益事業を除いた福祉活動で次に掲げる費用とします。

  1. 会場借上げ料
  2. 講師等への謝礼金等
  3. 資料等の作成費用
  4. リーフレット、パンフレット、ポスター等作成費用と配付経費
  5. 申請する活動に直接必要な機材・備品の購入費用(ただし、機材・備品および車両等の購入のみを目的とした費用は対象外です)
  • 飲食費・団体の組織運営のための経常的な経費(家賃、職員の人件費、事務費等)・事前の実行委員会費用は対象外です。
  • 原則として、助成対象となる活動に係る費用の8割を上限に助成します。

申請書類

「四国労働金庫社会貢献活動『助成金制度』申請書」に必要事項をご記入の上、次の書類を添えて申請してください。

  1. 定款・規約・会則など(写)
  2. 法人は、登記簿謄本(写)
  3. 前年度の決算報告書または収支報告書(写)
  4. 助成申請対象活動の資金計画書と助成対象の資金使途明細書(写) ※参考書式 I
  5. 助成申請対象活動の活動報告書または活動計画書(写) ※参考書式 II
  6. 助成対象とする活動のパンフレット、写真、機関誌、会報など
    「申請書」および参考書式I・IIは当金庫営業店にご準備しております。また、次の申請書類からダウンロードすることもできます。

申請書類(Word文書)はこちら

活動実績報告書

助成団体の該当事業の終了後、「活動実績報告書」に必要事項をご記入の上、次の書類を添えて申請してください。

  1. 写真、事業関係資料など
  2. 収支決算書および証拠書類となる領収書・請求書(写)
  3. ろうきん助成事業アピール協力の関係資料

活動実績報告書(Word文書)はこちら

助成団体一覧

お問合せ先

お近くの営業店、または次の問合せ先までお問合せください。

四国労働金庫 経営統括部

〒760-0011 香川県高松市浜ノ町72番3号
TEL:087-811-8004 FAX:087-811-8101
電子メール:manage@shikoku-rokin.or.jp