ろうきんの理念

四国ろうきんの理念

ろうきんは、働く人の夢と共感を創造する協同組織の福祉金融機関です。
ろうきんは、会員が行う経済・福祉・環境および文化にかかわる活動を促進し、
人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与することを目的とします。

ろうきんは、働く人の団体、広く市民の参加による団体を会員とし、
そのネットワークによって成り立っています。

会員は、平等の立場でろうきんの運営に参画し、運動と事業の発展に努めます。
ろうきんは、誠実・公正および公開を旨とし、健全経営に徹して会員の信頼に応えます。

四国ろうきんとは

四国ろうきんは、四国にお住まいの方なら原則どなたでもご利用いただける金融機関です。

人と人のぬくもりを大切にしたい。
心と心の交流を大事にしたい。

私たち<ろうきん>は、働く人たちのあたたかな絆から生まれた生活応援バンクです。
その基本姿勢も、社会的な役割も、暮らしに役立つプランやサービスも、すべてが人の視点にたって発想されたもの。

人と人の真ん中で、暮らしを見つめ、ニーズをつかみ、そして賢い生活のためのベストアドバイスを提案できる、働く人たちとその家族のいちばん身近で親しみやすい福祉金融機関でありたいと思います。

私たちの基本姿勢

ろうきんは、他の金融機関とここがちがいます。

目的 働く仲間がつくった福祉金融機関です。

ろうきんは、労働組合や生活協同組合の働く仲間が、お互いを助け合うために資金を出し合ってつくった協同組織の金融機関です。世の中に金融機関はたくさんあります。しかし、純粋に働く人の福祉金融機関と呼べるのはただひとつ、ろうきんしかありません。働く人たちの暮らしを支え、快適で過ごしやすい社会づくりをめざしています。

運営 営利を目的としない金融機関です。

ろうきんは、労働金庫法という法律に基づいて、営利を目的とせず、公平かつ民主的に運営されています。このろうきん独自の運営に共感する人たちの輪が日本中にひろがり、いまでは利用者は全国で1,100万人以上。労働組合や生活協同組合の働く仲間をはじめ、多くの働く仲間に広く利用されています。

運用 生活者本位に考える金融機関です。

ろうきんの業務内容は、預金やローン・各種金融サービスなど、一般の金融機関とほとんど変わりません。
しかし、資金の運用がまったく違います。働く人たちからお預かりした資金は、働く人たちの大切な共有財産として、住宅・結婚・教育資金など、働く仲間とその家族の生活を守り、より豊かにするために役立てられています。

Webお知らせサービス

  • 法人のお客さまログイン

お問合せ

  • よくあるお問合せ
  • お電話でのお問合せ
  • メールでのお問合せ
  • 資料請求
  • 店舗・ATM
  • 四国ろうきんモバイルサイト・スマートフォンサイトはこちらから

Copyright © 四国ろうきん. All rights reserved.

四国労働金庫 金融機関コード:2987 〒760-0011 香川県高松市浜ノ町72番3号

ページの先頭へ