クレド7カ条

私たち四国ろうきんの役職員は、お客さまに対して、四国ろうきんに対して、自分自身に対して、7カ条の行動指針を実践することを約束します。

  • 1

    私たちは、労金法第1条に定められた目的を果たすために、求められる役割以上の仕事をし、労金を守り発展させてまいります。

  • 2

    私たちは、いつも笑顔で、明るく、元気に、前向きに思考し行動します。

  • 3

    私たちは、おもてなしの心を持ち、お客さまに「ありがとう」という感謝の言葉をいただけるように実践します。

  • 4

    私たちは、金融機関の職員として、信用をモットーに一人一人が責任を持って、ミスは許されないという気持ちで業務を遂行します。

  • 5

    私たちは、常に変革意識を持ち、出来ない理由をさがさず、創造的な仕事をすることにより、立てた目標は必ず達成します。

  • 6

    私たちは、労金を次世代により良く引き継ぐために、健全経営に徹し、利益は会員・勤労者や社会に還元してまいります。

  • 7

    私たちは、自己研鑚に努め、心豊かで充実した生活を営み、人間力を向上してまいります。

  • クレド=志・信条・約束であり、職員の行動指針としてわかりやすく定めたものです。
  • おもてなしのこころ=ホスピタリティ(お客さまの期待どおり=サービス、お客さまの期待以上=ホスピタリティ)